医学部再受験(経済学部卒)~春から医大生~

こんにちは!文系からの医学部再受験にやっと成功しました!長かった再受験の日々を忘れないように書こうと思いました。諦めなければ夢は叶う!

クロスドミナンスって知ってる?

こんにちは。

今日は個人的なことを書いてみようと思います。

 

クロスドミナンスという言葉を聞いたことがありますか?

簡単に言うと、利き手の話で、

字を書くのは右、食べるのは左、

というように、用途によって使う手が異なる人のことを指す言葉なんだそうです。

 

両利きと違うの?という疑問が出てきますが、違うようです。

両利きというのは、ご飯をどちらの手でも食べられる、みたいな感じでしょうかね。

 

私は自分のことをずっと両利きだと思っていたのですが、それは単にクロスドミナンスという言葉を知らなかっただけで、本当は私はクロスドミナンスだったんですよ。

 

とあるクイズ番組で、正解が「クロスドミナンス」というクイズがあって、そこで初めてこの言葉を知りました。

 

すごい…!!!私のこの利き手に言葉があったんだ!?と、感動したのを覚えています。

 

でも思うんですけど、左利きで生まれた人の多くはクロスドミナンスなんじゃないかなって。

 

世の中って、右利きの皆さんが思うよりもずっと右利き用に作られています。

改札も、おたまも、ハサミも、蓋付きのiPhoneケースも、クリアファイルも、箸の向きも、冷蔵庫も、

ちょっと考えただけでもたくさん使いにくいものがあります。

 

あ、腕相撲とか不公平そのものですよね笑

 

 

でもハサミなんか特にそうですけど、生まれた時から右利き用のものしか使っていないので、日常でそこまで苦労することはないようにも思います。

私は左利き用のハサミを大人になって初めて100均で見かけた時に、何だか嬉しい気持ちになって買ってみたんですけど、切ることができませんでした。グネッてなる。

観察しながら切る練習をして、やっと、あぁ、ここに力入れればいいんだって気づいて切れるようになったという経験があります。

 

それでもやっぱり物理的に使えないものもあるんですよ。

おたまとかね。肘吊る

 

そう考えると、不便なものは右を使ってるという人も多いんじゃないかなと思うんですよね。

あと、今の若い子達はわからないですが、小学生の時の習字の授業に合わせて字だけ右に矯正されたという人も多いのではないでしょうか。

姪っ子は左利きですが今のところ字も左なので最近は直されないのかもしれないですね。

 

左だけしか使えない人は案外少ないように思います。

よく左利きは器用だ、と言われるんですけど、左しか使えない人は別に器用ではなく、左利きの多くは右利き用のものを使いこなせたり、(使いこなすしかないともいう)

私のようにクロスドミナンスの人が多いから器用に見えるのではないかな、と思います。

 

 

左利きにとって、右利きだったら感じない不便さが普段の生活にあるというのは上で書いてきましたが、これって脳は結構ストレスを感じているようです。

脳レベルで常にストレスに晒されているから、左利きは寿命が短いっていう論文を読んだことがあります。10年くらい。

本当かな。でもストレスって良くないと言いますしね。本当なのかもしれない。

悲しいですね。でも仕方ないですね。

待ってください今調べたら、1991年に確かにそのような論文が出ていましたが、最近の研究では根拠なしが明らかになったようです!

嬉しい!寿命が10年くらい伸びるくらい嬉しいです。笑

 

 

 

誰も興味ないと思いますが、締め方がわからなくなってきたので、私のクロスドミナンス具合の発表をして終わりにしようと思います。笑

両利き要素も結構あるんですけどね。

字→右(左でも書けるっちゃ書ける)

食事→左(右でも食べられるっちゃ食べられる)

投げる→右

塗り絵→左

消しゴム→左

打つ→右

スノーボードグーフィースタンス(右足が前)でもレギュラースタンスもあまり違和感ない

包丁、カッター→左

携帯電話の操作→両方

ラケット(卓球とかバトミントン)→左

目→左

あと私は左右盲です。日常生活に支障がないレベルですが、ゲームとかしていて、敵がいるよ!と伝えたい時に右にいるのに左とかよく言っちゃう、とかいうレベルの左右盲です。これもクロスドミナンスに多いって聞いたことがあります。

以上です。

 

 

 

 

あ、缶コーヒーや缶ジュースのプルタブも、右手で開けやすいように工夫されているようですよ。

11月中旬にやるべきこと。

こんばんは!

 

最近はちょっとずつブログを書いたりしてるのですが、更新するほどのことじゃないなと思って下書き行きになったり、長すぎてまだ書ききれていないなどでなかなか更新に至りません。

 

受験においては今の時期が一番手持ち無沙汰というか、何をやれば良いかわからなくなる時期だと思うので、そのことについて書いてみようかと思います。

 

 

11月中旬。

共通テストがあと2ヶ月。

共通テストが終われば私大、そして国公立と、一瞬で過ぎ去ります。

この2ヶ月が、長いんですよねぇ。

 

そして、短いんですよねぇ。

 

なにか苦手を克服するには短い気がするし、かと言って赤本とか解いてみると、え、こんなの解けない無理みたいになってしまう。

 

1番困る時期かもしれないですね。

 

あと浪人生からすると、偏差値が伸びなくなりますね。

現役生が伸びてくるから。

まぁ偏差値は気にしなくて良いと思います。

あくまでその模試での出来ってだけなので。

 

その模試からは2〜4週間経ってるわけだし、その期間にめっちゃ伸びてますから!と思って気にしないのが1番です。

 

 

私的には、まだ苦手を克服して良い時期だと思います。

予備校では苦手を克服するのは夏、遅くても秋までみたいなことを言いますけど、

そんな簡単に苦手を克服できるとは思えないんですよね〜

 

再受験生の中には、今年の入試だけでなく来年再来年を見据えて勉強している人もいると思うんですが、今の自分の立ち位置をよく考えて何をするべきなのか考えて欲しいなと思います。

 

今年もしかしたらイケるぞ、というレベルまで来ている人は、赤本を解いてみるなどして、受ける大学の傾向を知っとくべきです。

私大の人も国立の人も。

そして何年分か解けば、わりとこれ出るのに自分苦手だな、とか、ここ大丈夫だな、とか分析できると思うので、そういうのを見つける時期にしたら良いと思います。

 

春から勉強してきているのに、いつもこの分野は止まる、という分野は、絶対何かが足りていません。

 

そもそも覚えるべき解法さえ身についていないのか、

それとも、

こういう出し方もしてくるよ、というパターンに慣れていないのか、

それとも、

根本的に理解が足りないところがあるのか、

 

色々考えられると思います。

あ、あと、

赤本ということは過去問なので、当然ですが、本番に出ているんですよね。

本番に出ている問題って、問題集や予備校のテキストと違って、

 

これは解けなくて良い

合格者の中でもみんな解けていない

 

というあんまりよろしくない問題というのもあるんですよね。

そういうのは気にしなくて良いと思います。

どれがそれなんだ、というのは、周りの人に聞いてみたりすると良いと思います。

誰にも聞けない場合は私にDMなりして下されば教えることができるかもしれません。

 

 

 

あとは今年度の入試ではなく、来年度を見据えているんだ、という方は、試しに共通テスト、私大、国公立を受けるとしても、とにかくこれまで通り足り

ないところを潰す作業を続けると良いと思います。

 

 

急がば回れって本当に正しくて、大学受験はコツコツやった人が勝てる世界だと思います。

 

近道ってあんまりないんじゃないかなって。

 

急いで入試問題に慣れないと!って焦る気持ちもわかるんですけど、自分が今本当にその実力まで来ているのか、見極めるのも大事な勉強だと思います。

 

じっくり、ゆっくり、頑張りましょう!!

 

私も後期めっちゃ大変なんですけど、勉強頑張ります!

受験結果を国民に知られる恐怖。

某Kさんがニューヨーク州の司法試験を受験し、不合格であったというニュースを拝見しました。

 

アメリカの司法試験って州ごとなんですね。知らなかった。

 

 

そもそも私は他人の結婚とか不倫とかプライベートなことに口を出しすぎる一部の日本人の性質って昔からあまり好きではなくて。

テレビとかネットとか見ていると、なんであんなに他人のことに関心があるんだろう。どうでも良くない?

と思うタイプです。

他人に関心がありすぎて本当に怖い。

誰と誰が結婚する、とかどうでも良くない?

皇族は国民の税金が〜〜とか言ってめっちゃ怒っている人いますけど・・・

いやあまり言及するのはやめておきます笑

 

 

今回はその司法試験の結果についてですよ。

ここは再受験のブログなのでね。

 

 

今Yahooのコメント欄を見ていて、結構ひどかったので、いくつか抜粋してきて、「いや、あなたに関係ないでしょう」とか私がコメントに対してさらにコメントをするっていう記事を書きたかったんですけど、

コメント欄閉鎖されていました今。

初めて見たかもしれません。

「違反コメント数などが基準を超えたため、コメント欄を自動的に非表示にしています」

っていうの。

 

数分前まではコメント欄が見えていて、あまりにも思うことがあったからブログ書こう、と思って書き始めたんですけどね。

その間に見えなくなってしまいました。

流石に酷かったみたいですね。

 

 

 

うーん。

あのね、受験ってすごいことなんですよ。

 

何がって?

全てが。

 

中学受験、高校受験、大学受験、司法試験、いや、もう試験という名のつくものは全てです。

全てすごい。

その難易度に関わらず、全てすごい。

 

合格のために、みんな努力するんですよ。

朝起きてから寝るまで、自分を律して、勉強して。

何をしていても心が休まる時なんかないですよ。

自分で決めた道でしょ?

その通り。だからこそ、手を抜けないんですよ。

自分で決めたからこそ、がむしゃらにやるしかないんですよ。

 

そこに、他人が入っちゃダメなんですよ。

しかも今回のようにコメント欄に書き込みしている人って本当に他人じゃないですか。

ダメダメ。

本当良くない。

 

 

言葉は時として凶器になる!

お前のその一言で、簡単に命を奪えるってことを忘れるな!!

 

 

某俳優さんのセリフらしいですけどね。

小4の姪がとても感銘を受けて、自身が嫌なことをされてやめてくれなかった同級生に言ったそうです。

そしたらその同級生、ちゃんと謝ってくれたみたい。

子供は素直ですよね。

ヤフコメ欄の人たちも、この言葉を胸にしっかり刻んで、その言葉って本当に言わないといけない言葉だったのか、ちゃんと考えてもらいたいですね。

 

 

 

 

努力している人のそばには、必ずそれを支えてくれている人がいます。

ひとりでやってるわ!っていう人もいるかもしれませんが。

多くの人は、必ず誰かに支えられている。

その人たちからちゃんと叱咤激励されてるから、他人は口出さなくて良いんですよ。

 

 

 

 

 

そうそう、余談ですが、合格率63%なんて簡単なのに落ちたの?

って言っている人が何人もいました。ヤフーでもTwitterでも。

合格率が高いと簡単、なんてこと言えませんよ。

受験者層がわからないと簡単なんて一概に言えません。

医師の国家試験も合格率90%なんだから簡単でしょってよく言う人がいるんですけど、

医学部合格率って国公立私立平均して7%らしいんですよね。(2017年の記事を読んだのでちょっと古い)

大学受験をする人の中の上位10%にいれば医学部に入れるかもねって言うレベルらしいです。

 

その10%に入れた人の集団の中で、90%ってことですよ。

それって簡単なんですかね。

 

ニューヨーク州の司法試験だって、ネイティブじゃない人の合格率とかいろんなことを考えるとまた変わってくるんじゃないかなぁと思いました。

 

受験結果という、他人に知られたくないようなプライベートなことを国民に知られて、本当に同情しますが、絶対に次回は合格して、ほっと一息のつける瞬間を手にしてもらいたいなと思います。

3ヶ月も経っていました。

前回のブログから3ヶ月も経っていました。

数年ぶりの夏休み。

何もしなくて良い夏休みは、想像以上に一瞬で終わりました笑

 

受験について色々書きたいところですが、まずは近況報告を。

夏休み中に家庭教師を始めました!

質問対応が主な内容ですが、納得できる説明ができるように予習頑張っています!

家庭教師を始めて、自分が受験生だった頃にはあまり気にしていなかったような細かなところが気になったりして、人に教えるってそういうことだよな、と感じています。

一人で勉強する分には、わからないところに出会っても、解説を読んで、きっとこうだよな、矛盾ないし、良いよね、で終われるようなことでも、

人に教えるとなると、

本当に数学的に間違えていないか、この解釈で解けない問題はないか、など気を使います。

それもまた勉強になって楽しいです。

 

それでも何年も再受験していたので、この問題は解けなくても合否に関係ないよ、などと言ったこともある程度わかります。

解説をした上で、そういう情報も提供できれば良いなと思っています。

 

あと結構問題集とかの解説って、なんでそのやり方?っていうのありません?

こう解いた方が楽じゃん

とか

こう解かないと他に応用できないじゃん

みたいなの。

そういうのも、別解を教えたり、この問題から習得して欲しいのはこういうことっていうのを解説してます。

 

でも、入試から数ヶ月しか経っていないのに、暗記事項とか結構忘れていて、忘れる自分にドン引きしています笑

見れば思い出すし、理解しているから教えるのに問題はないんですけど、

(あれ、何だっけこの式。あれ、待って、今作るから待って)

みたいになることがよくあります。

受験勉強をしていると覚えてしまうような便利な式なんかは結構綺麗に忘れていて、予習している時なんかにその場で作って、あぁこれこれってなってます笑

 

 

 

 

そうそう、結構前になりますが、また別の方とDMでやり取りしていた時に、

数学の問題でわからないところがあるんだけど、わかる?

という質問を受けました。

DMでのやりとりだったので、いつもお互いそんなにすぐ返事をする感じでもなかったのですが、

わからずに聞いてきてくれてるんだから、すぐ答えを知りたいんじゃないだろうか、と思い、すぐに、これはこうだよ、こう考えたら解けるよ、と返事をしました。

 

すると、その方はとても正直な方で、

自分は何十分も考えてわからなかったのに、医大生ってこんなにすぐ解けるのか・・・

といった返事をくれました。

 

その問題が、たまたま私にわかる問題だった、というだけなのですが、受験勉強って要は、そのたまたま解ける問題を増やしていく作業だと思うんですよね。

理解も大事だし、流れも大事。

でも、入試本番で、初めて問題を見たというときに、

わかる、解ける、というものを確実に増やすのが大事なんだと思います。

 

その量が私の方が少し多かったんだと思うんですよね。

家庭教師で教えている方が、その量を入試本番までに少しでも増やせるように全力でサポートしたいと思っています!

 

次回はなんか入試関連のことを書けたらいいなーと思ってます。

 

 

 

何もしない日々。

こんにちは。

 

夏休みを謳歌しています。

何もしない日々。

私は元々寝るのが大好きで、再受験生活中は、何にも考えずに寝られる日をとても欲していました。

今はもうそれができるので、何にも考えずにただひたすら眠れるのですが、ズーーっと寝てると腰とか背中がめっちゃ痛くなりますね笑

 

10時間くらいなら平気なのですが、それ以上行くといててててとなります。

昔は12時間以上は平気で寝られていたので歳ですね。悲しい笑

 

それでも少し体を動かせばまだまだ眠れる感じになるので毎日めっちゃ寝てます。

やることないしね。

 

でも勉強しても良いんですよね。

生物とか興味のある医学の分野とか少しずつ勉強しようかな、と思っています。

 

あとこのブログを作ったのは、自分の再受験の記録を残したいというのもあったので、それも少しずつ書いていきたいと思っています。

 

短いですが終わり。

 

何もしない日々が幸せ〜〜〜〜〜〜

肩こりに注意。

私が再受験していた時の1番の悩みは肩こりでした。

なにをしていても辛い。

寝ても覚めても肩こり。

なんなら眠れない日があるくらい肩が痛い。

 

湿布がないことにはなんにもできない。

肩こりを治すために筋トレなんかもしてみたりしたけど、勉強の合間にする筋トレに対して効果も望めず。

 

本当に再受験中なにに1番悩みましたかと聞かれれば肩こりですっていうくらい悩まされました。

 

 

それが、合格した途端軽減したんです。

合格した途端に。

 

だから、あ、これ自律神経の乱れだったのかな?

と思ったのですが、月日が経つにつれてわかりました。

 

 

勉強中する時の体勢です。

 

 

体勢が悪い、というよりは何時間も同じ姿勢で集中するからでした。

途中肩を回したりしても、多少の効果はあるんでしょうけど、それ以上に集中してるからあんまり意味なくて、そのせいで長年私の体は肩こりに蝕まれていたのでした。

 

それに気づいたのは、大学で前期の試験勉強を開始してから。

 

 

肩が痛い!!

無理!!!

再発した!!!

 

 

とね笑

そうなんです、前期の間、湿布なんか貼らなくても全然余裕だし、なんか肩だるいな〜と思ってもお風呂にゆっくり入れば楽になるし、という生活を出来ていたんですよね。

だから自律神経の乱れだったという説が私の中で濃厚だったんですが、試験勉強でそれは間違いだったことがわかりました。

 

試験勉強はですね、

再受験時代よりも勉強しました。

いやこれにはちゃんと理由があるので、今度書きます!笑

 

そのせいで肩こりが再発していたのに、テスト終わったらまた楽になっているので、やっぱり長時間同じ姿勢で勉強し続けるというのは体にはとても負担なんですね。

 

勉強中のみなさんには、ぜひ多すぎるくらいで良いので頻繁に体操するなり筋トレするなりして対策してもらいたいと思います。

 

 

 

 

ここで募集するのもなんですが、

オンライン家庭教師したいと思っています!

時給は相談で決めたく思ってます。(2000円〜が希望ですが、科目とかにもよりますし、内容にもよりますがなるべく安くでオッケーです)

私は高校は公立ですが、出身都道府県においては、公立の方がレベルが高い田舎だったので、そこでは偏差値が1番高い高校でした。ネットで調べたら今年は偏差値72となっていました。

一つ目の大学は地元の国立大学でいわゆる旧帝大と言われているところです。経済学部ですが、当時は全然勉強していなくてAO入試で入学したので、文系の小論文や面接対策も指導できます。

現在私立大学医学部1年で、中堅と言われている大学に通っています。

「医学部目指しているけど、始めたばかりでまだ偏差値50にも満たない科目もあるよ」

「ずっと勉強しているのに、偏差値が上がらない、助けて!」

「偏差値50は超えたけど60の壁が厚い…」

などといった方はとりあえず最速で偏差値60まで上げたいと思います!まだ夏なので間に合います。

興味ある方ぜひコメントやメールなどお待ちしていますね!よろしくお願いします!

 

オリンピックに出たかった。

2013年に東京でオリンピックをやると決まった時はちょうど、再受験をやると悩んでいたか決めたか、そんな時期でした。

 

そこで私は、今からだと受かるのに数年かかるし、受かった大学でアーチェリーを始めてオリンピックに出ようと思っていました←

結構本気で。

 

 

なので2020年の入試に落ちた時は、

 

あーあ、まさかオリンピックを再受験生のままで迎えることになるなんて…

 

と思いました。ここまで再受験生活が長引くとは思っていなかったですしね。

落ち込みました。

 

 

ですが、去年はコロナで何もかもがいつも通りでない生活でしたよね。

塾も5月末まで開講できませんでしたし、予備校もオンラインになったりしたと聞いています。

 

そしてまさかオリンピックが延期するなんて、本当に驚きました。

そんなこと出来るんだ、って感じです。

 

 

オリンピックと関係ない話ですが、

このコロナウイルスパンデミックって多分、将来的にも語られ続ける出来事ですよね。

でも歴史的出来事の渦中にいる人間って、案外普通に生活しているのかもな、と思いました。

戦争とかもそうですが、それが終わって、後から考えてみたらすごかったよな、って感じなんだろうな、と思います。

その最中ってとにかくみんな必死だから、必死な人って必死なことに気づかないじゃないですか。必死が当たり前になって、ずっと、常に、自粛してる、そんな感じ。

 

まだ身近にコロナが出ていないからそんなこと言えるのかもしれませんが。

 

 

 

で、コロナでまさかオリンピックが延期ですよ。

そしたら今年運良く受かって医大生になれたんです。

オリンピックを医大生として迎えることができちゃいました。

ま、部活動は全面禁止なので当然オリンピックに出ることは叶いませんでしたが←

 

それでもやっぱり医大生としてオリンピックを観戦できるという事実はとても感慨深いものがあります。

 

私スポーツ観戦大好きなんですよね。

スポーツの種類問わず、大好きです。

特に好きなのは女子バレーボールと、冬季ですがフィギュアスケートです。

これまでオリンピックに限らずさまざまな大会で応援してきましたが、どうしても勉強しなきゃという気持ちが頭に出てきちゃって、100%応援に全力投球できないんですよね。

それが受かったことでなくなったので、そういう意味でオリンピックが遅れながらも開催されることは嬉しいです。

 

 

ただそれはそれとして、個人的にはずっとオリンピック開催には反対でした。

まだコロナが終息も見えていない今、本当にやる必要あるの?って。

ましてや日本に海外からめちゃくちゃ人が来るわけですから。怖いですよね。

 

でも選手に罪はないですし、開催されてしまった今、ここに命をかけている人たちを応援しないわけにはいきません。

だから試合自体は応援しようと思います。

どの選手も人生のピークをオリンピックに合わせて生きてきて、我慢我慢の連続。

それが一年ずれるって本当に素人にはわからないくらいありえないことだと思うんですよね。

2020年なら出場できたのに延期したせいで出られなくなった選手もたくさんいるでしょう。

一方で、2021年になったおかげで出場できた選手もいる。

 

本当に人生って何が起こるかわからないから、面白い。

 

オリンピックに命かけて出場できなくなった選手にとって、面白いの一言で片付けられてはたまらないと思いますが、

私は結構ピンチはチャンスだという精神で生きてきたので、オリンピックを目指せるレベルの人たちならきっとこの困難もチャンスに変えて頑張れる人たちだと思っています。(上から目線でごめんなさい)

 

 

無理矢理開催させた主催者側には最後まで疑問の気持ちは拭えないと思いますが、せっかくなので、時間が合う限りいろんなスポーツをテレビで観戦して応援する夏にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

と、ここまで書いて投稿しないまま2日経ちました。

内村選手、多分同世代だと思うので、注目していました。

めちゃくちゃ格好良かった。

何年も第一線で活躍し続け、負けた時にあのコメントが出せるって本当にすごいと思う。

本気で種目に向き合った人の言葉という感じがした。

 

 

一方で某水泳選手は、ちょっと残念…。絶対金メダル取らなきゃいけない気持ちで挑んだはずだから最強だと思っていたのに予選落ちか…。

予選で余力を残して決勝に進むというのは良くある話なので計算ミスは計算ミスなんだろうけど、なんだろうあの軽い発言。

やっぱり不倫する人の言葉は軽いな笑

 

私、不倫は個人の自由というか、他人が口を挟む領域でないと思っているので、どうでも良いのですが、その分良い試合が見られると思っていたので残念でなりません。

まだ試合あるのかな?次があるならそっちを期待します!